【時間の無い人向け】amazonオーディブルで効果的な読書習慣を!

ホワイトニング後のNG行動や食べ物まとめ。歯の黄ばみの原因は必ず知っておこう

皆さんは歯が汚い人を見た時どんな印象を受けますか?

恋愛面では言わずもがな、一度歯を見て幻滅してしまったら、どんなに性格が良くても「心の壁」ができてしまうように感じます。

では、何が原因で歯が黄ばんでしまうのでしょうか?

歯が黄ばむ原因は大きく分けて5つあり、

  1. 食べ物
  2. 飲み物
  3. タバコ
  4. 加齢
  5. 抗生物質や薬

が代表的なものとして知られています。

今回はこの5つについてまとめましたので、歯を白く綺麗に保ちたい方はぜひ参考にしてください。

歯が黄ばむ「5つの原因」について

先ほどあげた5つの原因を深掘りしています。特に食べ物・飲み物は普段摂取するものなので、気おつけてくださいね。

歯が黄ばむ原因①食べ物

食べ物の中には「ポリフェノール」が含まれており、これがタンパク質と結合することで「ステイン」と呼ばれる汚れになります。

代表的なものは

  • カレー
  • キムチ
  • チョコレート
  • ミートソース

などです。

歯が黄ばむ原因②飲み物

食べ物と同様、飲み物だけでも「ステイン」が付着します。

代表的なものは

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ワイン

などです。

食べ物も飲み物も、白い食器に色移りしやすそうなものは、ほぼ間違いなく歯を黄ばませる原因になります。

歯が黄ばむ原因③タバコ

タバコはご存知の通り、歯を黄色くする「ヤニ」を含んでいる嗜好品。

  • 紙タバコ
  • 電子タバコ

今では様々なものがありますが、歯を白く保ちたいならどちらも辞めた方が良いです。

ただ簡単に辞められるようなものでないので「吸った後は口をゆすぐ」などしながら、ヤニの付着を防ぐ対策をしましょう。

歯が黄ばむ原因④加齢

歯は、一般的に加齢と共に黄ばんでいくものです。

これは歯の表面を覆っているエナメル質が、加齢と共に薄くなっていくことが原因とされています。

また、エナメル質の内側には象牙質と呼ばれる黄色い部分があり、エナメル質が薄くなることで象牙質が見えやすくなることも原因とされています。

歯が黄ばむ原因⑤抗生物質や薬

これは意外と知られていないかもしれませんが、

  • うがい薬
  • 漢方
  • 抗生物質

なども、薬の成分によって歯が黄ばむ原因になったりします。

毎日使うものではありませんが、気おつけておきたいですね。

歯を白くするにはどうしたらいいの?

ホワイトニングする方法はいくつかありますので、代表的なものを取り上げます。

ホワイトニングする方法

  1. 歯医者でのホワイトニング
  2. 自宅でのホワイトニング
  3. セラミックにする

歯医者でのホワイトニングはやや高額セラミックは高額

金銭的余裕のある人は、こちらをオススメします。

それに比べ自宅でのホワイトニングは安価で気軽にできるので最近人気になっています。

自宅でのホワイトニングは非常に様々で、

  • ホワイトニング歯磨き粉
  • ホワイトニングテープ

などが一般的に知られています。

個人的にオススメのホワイトニング歯磨き剤

ホワイトニングには色々な商品がありますが、僕は今こちらの商品を使っています。

【ホームホワイトニング】リュミエールブランネージュの効果と商品レビューしてみた

1ヶ月ほど使った際のbefore/afterの写真も載せているので、よかったら参考にしてください。

歯が汚いだけで損する人生とはオサラバしよう!

いくら自分が「歯が汚い」ことを気にしなくても、評価するのは他人です。

しかし、その他人が不快に感じるかどうかは、明確な基準はありません。

ですが今の時代はスマホで自撮りできますし、歯の白い芸能人などの写真と見比べれば一目瞭然だと思います。

もちろん歯医者にいって、歯の専門家からの意見をもらうのが一番ですよ。

ですが、高額だったり通院するのが大変だったりするので、家でできることと歯医者への通院をうまくバランスをとって、綺麗な歯を保ってくださいね!